[無料診断]今ならもれなく、あなたの傾向と恋人候補データさしあげます
【無料】わずか12問で、あなたの恋愛観をズバッと診断!!

2012年05月07日

思考は“クセ”

サラリーマン家庭に育った私は

自由に“制限”を外して、考えるということが出来ない体質になっている

ということが個人的に今、一つのテーマになっています

両親に“外”に見える結果を出すことを求められ、
自分自身の内側から出てくる“声”を無視して、彼らの顔色を窺っていた“態度”の長い歴史が
自分の“欲しい”ものを純粋に追う、ということがどういう感覚なのかさえ忘れさせてしまったように思っているのです

ここのところ、自分の心に出来ていた“制限”を外そう外そうともがく過程で何度も両親を恨む感情が自然に湧き上がって来て
その度、「こんな気分でいることは不愉快な出来事を引き寄せてしまうから早く手放したい」と自己嫌悪に陥る、という繰り返しでした


ただこれって、ムカつくから両親に「なんでこんな育て方しやがったんだ!」って直接怒ってもなんの解決ももたらさないじゃないですか

何の解決ももたらさないから、じゃあそれは放っておく、で割り切れれば話は早いんですけど
自分の生活が劇的に変わらない限り
その思考は定期的に何度も襲ってくるんですよ

完全に悪循環にはまってるわ、という自覚はあるのに、どうしようもできない
という日々でした

でも
「あ」という気付きがありました
昨日ですけど

こんな内容のことが突然わかったんです
「どんなに小さいことでも「楽しい」ことを求めれば、それは大きな「楽しさ」につながって行く」

それはラジオで紹介されてた曲が気になり「なんかちゃんときいてみたいな」と思って仕事帰りにTSUTAYAに寄ったときに来たんですね

だからネガティブな思考というのは、分析をきっかけに現れる
「ははー、そういうことか」と思った次の瞬間に「そうかアイツはだからダメなんだ」と評価を始めてしまうんですね

こういう思考は“クセ”“傾向”と呼ぶべきもので
「楽しい」「ワクワク」をその瞬間に切り替えること、それをクセにすればいいんですね

自分が欲しいもの、に100%意識を集中する。
これが理想、
今、目の前に起きている現実に対しては、感情を揺さぶられることなく対処する

なるほどそういう単純なことなんですね




posted by となーす at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[無料診断]今ならもれなく、あなたの傾向と恋人候補データさしあげます
【無料】わずか12問で、あなたの恋愛観をズバッと診断!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。